関東:千葉県

ふれあいネットまつど

NPO法人 介護保険事業者

郵便番号
270-0003
住 所
松戸市東平賀7-2-102
TEL
047-346-2052
FAX
047-346-0088
Eメール
fnm2011@r4.dion.ne.jp
ホームページ
代表者名
嶋田 直美

21_fureainet-matsudo01.pngコミュニティカフェ「ふれあいの居場所 みんなんち」
21_fureainet-matsudo02.png2014年11月に開いた「大さんま祭」

主たる活動

  • 介護関係、ヘルパー研修、高齢者疑似体験、コミュニティカフェ、ボランティア、東日本大震災復興支援事業

グループ会員数

  • 335名

一言アピール

  • 2014年11月、松戸市社会福祉協議会の小金地区社会福祉協議会主催の「ふれあい広場」に高齢者疑似体験で出展し、来場者に装着してもらい、動きにくさや生活上での不便さを知ってもらった。15年9月の「ふれあい広場」にも出展する予定。
  • 事務所の一角でコミュニティカフェ「ふれあいの居場所みんなんち」を平日10~16時に開き、喫茶のほか、折り紙教室、絵手紙教室などの趣味の講座などを実施している。
  • 居場所としてほかに、東日本大震災で松戸市に避難している約300人の方などを対象に、JR松戸駅西口に松戸・東北交流サロン「黄色いハンカチ」を13年1月に開設した。火・水・木曜日の10~16時にオープンしており、1回100円で、コーヒーやお茶を飲みながら、囲碁や手芸の教室、アロマハンドマッサージなどに参加できる。市内の他のNPO法人などと運営しており、当NPOがそのまとめ役を務めている。
  • 震災の2カ月後に宮城県東松島市の避難所でパラソルとテーブルを置いたオープンカフェを開いて以来、同市を訪れるバスツアーを20回以上開いたり、東松島市内の子どもたちを招いて、松戸市内の子どもたちとサマーキャンプを開いたりして、交流してきた。東松島市民とのつながりで、14年11月には、宮城県女川港で水揚げされたサンマ300匹を仕入れて、ご飯、豚汁付きの食事を提供する「大さんま祭」を開いた。